業務案内

WORK

株式会社AGTは大阪府和泉市を拠点に西日本で、マンション・ビル・商業施設・店舗・倉庫など鉄骨造りのあらゆる建物を対象に耐火被覆工事・断熱工事を行なっております。
耐火被覆工事・断熱工事のことでお困りの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

 

また弊社では、会社を盛り上げてくださるフレッシュな力を求めています。
経験・未経験は問いませんのでご興味のある方は、ぜひ弊社求人へご応募ください。

熱絶縁工事

耐火被覆工事

建築基準法施行令第107条が改正され、鉄骨造の建築物に対する耐火性能基準が定められました。この基準を満たすために必要な工事が「耐火被覆工事」です。
建材に使われる鉄骨の温度が火災などで500℃まで上昇すると、その強度は1/2になってしまうといわれています。熱による鉄骨部分のダメージを低く抑えるために、耐火性や断熱性がある材料で表面を被覆します。鉄骨を保護することで建物の倒壊を防ぎ、火災発生時の避難時間や鎮火作業の安全を確保します。
弊社が行なうのは巻付け工法で、ニチアス株式会社さまの商品を取り扱っております。耐火被覆材に固定ピンを溶接し、被覆が必要な箇所に取り付けます。

断熱工事

断熱工事が特に必要とされる箇所は、ビル・マンション・商業施設・倉庫などの火災時に炎や煙を逃す排煙ダクトや排気ダクトなどです。延焼を抑え、避難時の安全を確保するために行ないます。
ダクトを断熱材で丁寧に巻き、耐燃性を高めます。配管設備工事の業者も断熱工事を行なうことはできますが、弊社は専門業者としての強みを活かし、高品質で安心・安全な施工を納得価格でご提供しています。