コラム

断熱工事の基礎!充填断熱と外張断熱について

こんにちは!株式会社AGTです。
大阪府和泉市を拠点に、マンションやビル・商業施設などの耐火被覆工事や断熱工事を行っております。
「充填断熱と外張断熱ってなんだろう?どう違うの?」
断熱工事の仕事に興味があって調べている方であれば、こんな疑問にぶつかることもあるでしょう。
そこで今回は「断熱工事の基礎!充填断熱と外張断熱について」をテーマに置き、具体的に解説していきます。

充填断熱工法


充填断熱工法とは、柱などの内側や間に断熱材を詰める断熱方法のことです。
「内断熱」とも呼ばれ、広く一般に用いられています。
断熱材として、グラスウールやロックウール、セルロースファイバーなどを主に使用しています。
壁の内側の空間を利用するため、新たに断熱用のスペースをつくる必要がありません。
よって、後程ご紹介する外張断熱より低コストになるケースがほとんどです。
ただ充填断熱工法には気密性や防湿性を高めるための対策が必要で、もし気密性が悪いと壁内部で結露が起こり、カビや腐食が発生する可能性があります。

外張断熱工法

外張断熱工法とは、建物の外側を断熱材で覆う断熱方法のことです。
「外断熱」とも呼ばれ、主に鉄骨造住宅で採用されることが多い方法です。
断熱材は主に硬質ウレタンフォーム・ポリスチレンフォーム・フェノールフォームなどを使用します。
充填断熱よりも施工が簡単で、結露や腐食の発生が少ないなどのメリットがあります。
一方で、断熱材の重さで外壁が垂れ下がる恐れがあるため、断熱材をあまり厚くできないといったデメリットもあります。
また、物の揺れに断熱材が耐えられず変形しやすいことも大きな特徴です。

【求人】耐火被覆工事・断熱工事スタッフ募集!


弊社では現在、若手現場スタッフを募集しております。
経験・未経験は一切問いません!
やる気のある方、仕事にまじめに取り組んでくれる方を積極的に採用していきたいと考えております。
弊社が全額費用負担する資格取得支援制度も設けておりますので、足場組立・ハーネス・高所作業車(10m未満)などさまざまな資格取得が可能です!
社内の雰囲気は和気あいあいとしており、働きやすい環境が整っていますよ。
気になる方はぜひ採用情報ページよりご連絡ください。
あなたとお会いできるのを楽しみにしております。

迅速かつ丁寧な工事をいたします!

断熱工事・耐火被覆工事のご依頼がございましたら、大阪府和泉市を中心に活動している弊社までぜひお問い合わせください。
専門業者としての強みを生かし、高品質で安心・安全な施工を納得価格でご提供いたします。

協力会社様募集も行っております!

弊社では、ともに事業に取り組んでくださる協力会社様を募集中です。
お互い力を合わせて困難を乗り越え、切磋琢磨できるような関係を築ければと考えております。
ぜひご興味を持ってくださった方はお問い合わせページやお電話からご連絡ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。